上皇陛下を「平成天皇」と呼ばない理由とは?「昭和天皇」と呼ぶのになぜ?

スポンサーリンク
雑学

NHKで放送事故があったようですね・・・

上皇陛下のことを「平成天皇」と放送してしまったようです。

でも、そもそもなぜ「平成天皇」と呼ばないのか理由をご存知でしょうか?

過去の天皇は「昭和天皇」「大正天皇」「明治天皇」・・と呼んでいますよね。

というわけで、

上皇陛下を「平成天皇」と呼ばない理由

について調べてみました。



上皇陛下を「平成天皇」と呼ばない理由は?

上皇陛下を「平成天皇」と呼ばない理由は、

「〇〇天皇」というのは諡(おくりな)だから

です。

広辞苑によると、諡(おくりな)というのは「人の死後にその徳をたたえて贈る称号」とされています。

「〇〇天皇」と呼ばれるのは崩御後のことであり、生前に使うことばではありません。

そのため新しく即位された天皇のことも「令和天皇」と呼ぶことはしません。

NHKのアナウンサーはそんなことも知らないのかとかなり非難が集中してますね・・・

公共放送では正しい言葉を使っていただきたいものです。

詳しい解説もありました。元号=諡(おくりな)とは限らないんですね。



上皇陛下を「平成天皇」と呼ばない理由まとめ

上皇陛下のことを「平成天皇」と呼ばないのは「〇〇天皇」というのは崩御後の諡(おくりな)だからという理由でした。

また、元号=諡(おくりな)とは限らないというのは新たな発見でした。

日本人として正しい言葉を使えるようにしたいものですね。

コメント