即位礼正殿の儀に嵐は出る?式典での歌の披露はいつ?テレビ中継があるかも調査してみた!

スポンサーリンク
イベント・おでかけ
【2019.11.9追記】
国民祭典での嵐の出演情報が知りたいかたはこちらをご覧ください▼国民祭典で嵐が出演する時間は?テレビの生中継や放送番組・ライブ配信や見逃し配信がある?

即位式典で嵐が奉祝曲を披露することをご存知の方は多いと思います。

でも、2019年10月22日(火・祝)の即位礼正殿の儀に嵐が参列されると思っていませんか?

この日は今年のみ祝日が制定され、大々的に報じられていますが、嵐が歌を披露するのはこの日ではありません。

では、一体いつ出演するのか?

こちらでは、

  • 天皇の即位式典で嵐が登場するのはいつ?
  • 嵐の奉祝曲の披露の様子はテレビ中継される?

について紹介します!



即位礼正殿の儀に嵐は出ない?即位式典で嵐が登場するのはいつ?

2019年10月22日(火・祝)に即位礼正殿の儀が行われます。

即位礼正殿の儀とは、国内外に天皇の即位を宣明する儀式となります。

結論から言って、即位礼正殿の儀に嵐は参列しません(^^;)

今年のみ祝日が制定され、大々的に報じられているので、この日にすべての式典が行われるように思っている方も多いかもしれませんが、実は天皇の即位にまつわる儀式は2020年4月まで続きます!

「じゃあ、嵐が出る即位式典っていつなの?」

って思いますよね。

嵐が奉祝曲を披露するのは2019年11月9日(土)に行われる「国民祭典」の場となります。

嵐が、11月9日に行われる「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」で、奉祝曲の歌唱を担当することが24日、分かった。都内で行われた同祭典の企画発表会見で発表された。

奉祝曲は、第2部の祝賀式典で披露される。岡田恵和(おかだよしかず)氏が作詞、菅野よう子氏が作曲を担当し、ピアニスト辻井伸行氏がピアノ演奏。嵐が歌唱する。

引用元:日刊スポーツ

2019年11月9日(土)「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」の第2部「祝賀式典」にて奉祝曲を披露されるんですね!

嵐の曲が歌われるのかと思いきや、この日のために新たに作詞作曲された曲を歌うんですね。

奉祝曲の披露が決定し、嵐の櫻井翔さんがコメントをされていました!

「一人でも多くの方をほんの少しでも笑顔にすることができたら。ただただその想いのみで、エンターテイメントを追い求めてきただけのグループです。そんな私たちにとって、大変畏れ多く、身に余るお話。国民に寄り添い、想いを寄せておられる陛下に、日々の感謝の想いをお伝えし、お祝いの会に少しでも華を添えられますよう、心を込めてパフォーマンスをしたいと思います」

引用元:日刊スポーツ

どんなパフォーマンスになるのか、とても楽しみですね♡


嵐が出演される即位式典はテレビ中継されるか調査してみた!

国民的アイドルの嵐が、天皇即位式典で歌を披露されるとなれば、その姿を見たい!という方はたくさんいらっしゃると思います。

ちなみに公募はすでに終了していました(^^;)

となると、あとはテレビ中継されるのか気になるところですよね!

調べてみたところ、まだはっきりとした情報は出ていませんでした。

ですが、国事である即位式典となりますので、NHKでテレビ中継放送される可能性が高いです!

 

「天皇陛下御在位三十年記念式典」で三浦大和さんが天皇陛下がご作詞、皇后陛下がご作曲された「歌声の響」を記念演奏された際は以下のとおり放送されました。

NHK総合「天皇陛下御在位三十年記念式典」
2019年2月24日(日)14:00~15:00テレビ朝日「天皇陛下 激動の30年 国民へのメッセージを生中継」
2019年2月24日(日)13:55~15:20政府インターネットテレビ「天皇陛下御在位三十年記念式典」
配信日時:2019年2月24日(日)14:00頃~

民放での放送は定かではありませんが、NHK総合では嵐の奉祝曲披露がテレビ放送されると思います!

政府インターネットテレビでも見られそうですね(^^)

また詳しい情報がわかり次第、お知らせしたいと思います!



即位礼正殿の儀での嵐の出演情報・即位式典への参列とテレビ放送情報まとめ

嵐が即位式典で奉祝曲を披露するのは、即位礼正殿の儀の場ではなく、2019年11月9日(土)に行われる「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」の第2部「祝賀式典」の場でした。

テレビ中継の情報についてはまだはっきりした情報がありませんでしたが、NHKや政府インターネットテレビで嵐が出演される様子が見られそうです!

めったにない機会なのでぜひとも拝見したいものです!

また詳しく分かり次第お知らせしたいと思います\(^o^)/

どうぞお楽しみに♡

 

 

コメント