台風15号2019の現在の状況と明日・明後日の進路予想は?米軍による最新情報紹介!

スポンサーリンク

台風15号が発生し、今夜深夜から明日にかけて日本へ上陸する見込みとなっています。

当初の予想より発達する恐れが出てきており、その進路にも注意が必要となっています。

ここでは9月8日(日)午前11時時点での台風15号の現在の状況をお届けします。

また米軍による最新情報をもとに、明日9月8日(日)、明後日9月9日(月)の台風15号の予想進路を紹介します。

神奈川県相模原市周辺で大規模冠水予報が出ています。最新情報にご注意ください。
台風15号による神奈川県の大規模冠水予報が出ているアンダーパスの場所はどこ?



【2019】台風15号の9月8日(日)現在の状況は?

ウェザーニュースが2019年9月8日(日)午前5時に発表した情報によると、台風15号は現在八丈島の南の海上を北西に向けて時速30キロで進行中です。

中心気圧は960hPa、中心付近の最大風速は40m/sで暴風域を伴っています。


今回の台風15号は、比較的コンパクトであることが特徴です。

そのため、台風が近づいてから突然天気が急変するといったことが起こる可能性が高いです。

まだ大丈夫そうと思っていても、急に暴風や大雨へと天気が変わることが考えられますので、油断しないようご注意ください。


【台風15号】米軍台風合同警報センター(JTWC)による今後の進路予想の最新情報

つづいて台風15号の明日、明後日の進路予想を米軍の情報をもとにみていきます。

こちらは9月8日(日)午前9時時点の米軍台風合同警報センター(JTWC)による台風15号の今後の進路予想図です。

台風15号の現在の位置に「08/00Z」とあるのですが、これは米国時間で8日の午前0時という意味になります。

日本は米国と9時間時差がありますので、日本時間では9月8日(日)午前9時の台風15号の現在位置ということになります。

その後の進路を見ていくと、「08/12Z」の時点つまり日本時間で明後日9月8日(月)午後9時には関東のすぐ南の海上までせまっています。

そして9月8日(日)深夜から南関東地方へ上陸し、9月9日(月)の朝には太平洋へぬけると予想されています。


台風15号2019の現在の状況と明日・明後日の米軍進路予想まとめ

2019年9月8日(日)午前11時現在、台風15号は八丈島の南の海上を関東地方へ向けて進行中です、

米軍の情報によると、明日9月8日(日)深夜から明後日9月9日(月)午前中にかけて関東地方に上陸するとみられています。

今後の情報に注意しながら、安全第一に行動するよう心がけてください。

コメント