台風15号と19号は同じ進路をたどる?暴風域の大きさや勢力・風速・ヘクトパスカルの比較まとめ!

スポンサーリンク
気象衛星ひまわりから見た台風19号 ニュース

大型で非常に強い台風19号が今夜にも東海・関東地方へ上陸すると見られています。

先日にも台風15号が関東地方を直撃し、大きな被害をもたらしました。

今回の台風19号も台風15号と同じような進路をたどっています。

台風19号と台風15号の進路や暴風域の大きさ、勢力、風速、ヘクトパスカルの比較についてまとめましたので、今後の備えの参考にされてください。



台風19号が台風15号と同じ進路をたどる?進路予想図を比較してみた

大型で非常に強い台風19号が勢力を増しながら10月12日(土)夜にも日本へ上陸すると見られています。

東海地方や関東地方を直撃するものとみられ、先日の台風15号と同じような進路をたどっています。

こちらが10月12日(土)現在の台風19号の進路予想図です▼

10月12日(土)18時以降で静岡県へ上陸し、山梨県、東京都、茨城県、福島県を通過する予想となっています。

台風19号の進路予想図と台風15号の経路を比較したものがこちらです▼

どちらも太平洋側からカーブして日本へ接近し、関東地方へ上陸するという非常によく似た経路を通っていることが分かります。


 台風19号と台風15号の暴風域の大きさ・勢力・最大風速・ヘクトパスカルを比較!

暴風域の大きさ・勢力の比較

こちらは台風19号と台風15号の雨雲の画像です。

台風19号が非常に大型であることが分かります。

台風15号に比べ、台風19号は気圧の低い範囲が広く、多くの地域で暴風がふき荒れると予想されます。

先日、台風15号が直撃した際、千葉県は甚大な被害を受けました。

台風19号の暴風域が非常に広いため、東海・関東地方をはじめ多くの地域で先日の千葉県のような被害が発生する恐れがあります。

日本上陸直前の最大風速・ヘクトパスカルの比較

台風19号についてNHK最新発表のニュースによると、

  • 中心気圧 945ヘクトパスカル
  • 風速 45m/s
  • 瞬間風速 60m/s

となっています。

台風15号が日本へ上陸する直前のNHK発表の情報によると、

  • 中心気圧 955ヘクトパスカル
  • 風速 45m/s
  • 瞬間風速 60m/s

となっています。

台風19号のほうが中心気圧が低くなっていました。

また、風速や瞬間風速については同等でしたが、台風19号に関しては暴風域の範囲が広く、多くの地域で被害が起こる可能性があります。


台風19号は15号の進路や暴風域の大きさ・勢力・風速・ヘクトパスカルの比較まとめ

今夜にも日本へ上陸するとみられる台風19号と、先日千葉県を直撃し、大きな被害をもたらした台風15号を比較してまいりました。

台風19号は台風15号と同じように進路をたどっており、今夜から明日へかけて東海・関東・北日本を通過していくと見られています。

最大風速や気圧は台風15号と同程度と見られていますが、非常に大型であるため広範囲で暴風雨が吹き荒れ、各地で被害が発生する恐れがあります。

最新情報に注意しながら、いのちを守る行動をとるよう心がけてください!

 

 

コメント