台風8号(2019)6日未明九州上陸へ|アメリカ海軍による今後の進路予想の最新情報

台風8号 ニュース

台風8号が2019年8月6日(火)未明に九州に上陸すると見られています。

8月6日(火)以降の台風8号の進路予想について、アメリカ海軍による発表をもとに最新情報をお届けいたします。

通常の台風のルートとは異なる動きをしているので、九州地方にお住まいの方以外も今後の進路に注意が必要です。

それでは早速紹介していきたいと思います。



台風8号|現在宮崎県沖~8月6日未明に九州上陸へ


気象庁の情報によりますと、2019年8月6日午前1時に宮崎県が暴風域に入りました。

8月6日午前2時現在、強い台風8号は宮崎市の東南東約90キロの海上を時速25キロで宮崎から熊本方面へ向かって進んでいます。

6日の未明から昼過ぎにかけて九州を横断するものとみられています。

※九州地方の方は、今後の最新情報にくれぐれもご注意ください。

 



 

台風8号のアメリカ海軍による今後の進路予想の最新情報紹介

つづいて、今後の台風8号について8月6日(火)午前2時現在のアメリカ海軍による進路予想の最新情報を紹介致します。

アメリカ海軍発表の台風8号の進路予想図を見ると、8月6日(火)に九州を縦断したのち韓国~日本海海上を進み、ブーメラン状に北海道方面へ向かっていることが分かります。

現在、8月8日(木)までの予想となっていますが、このまま進むと8月8日(木)~9日(金)にかけて北海道を直撃するものと見られます。

ただ、今後も進路の変更なども予想されますので、予想進路周辺の東北地方の方々も注意が必要です。

台風8号(2019)のアメリカ海軍による今後の進路予想の最新情報まとめ

【台風8号の8月6日(火)午前2時50分現在のアメリカ海軍による最新情報】

8月6日(火) 

宮崎市が暴風域に。

未明~昼過ぎにかけて九州へ上陸・横断する見込み。

8月8日(木)~9日(金)

北海道へ上陸する見込み。

※今後も進路の変更など予測されますので、最新情報を確認した上で、避難等必要であれば早めの行動をおすすめします。

 

福岡地方の台風8号の影響による公共交通機関の情報を紹介しています▼

台風8号接近による福岡の公共交通機関JR九州・西鉄バス・JAL・ANAの運休欠航情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました