東京アラートとは何?発動されたらどうなる?学校や自粛緩和のステップへの影響についても解説!

スポンサーリンク
東京アラートとは?発動されるとどうなる?意味はあるのか? ニュース

2020年6月2日、東京都の小池都知事が東京アラートを発動し、レインボーブリッジが赤く点灯する事態となりました。

自粛緩和へ向けて動いている最中のことで、戸惑っている方も多いと思います。

「そもそも東京アラートって何?意味は?」

「発動されるとどうなるの?」

「学校や自粛緩和のステップへの影響は?」

など気になることばかり・・・

以上について分かりやすいくまとめてみましたので、よかったら最後までご覧くださいm(__)m



東京アラートって何?意味があるの?発動されるとどうなる?

2020年6月2日、東京アラートが発動され、レインボーブリッジが赤く点灯し、東京都庁も赤くライトアップされました。

東京アラートとは、東京都が独自に設けた自粛緩和の目安を超えた場合に発動され、都民に警戒を呼び掛けるものです。

東京アラートが出たからと言って即座に何かが変わるというものではありません。

簡単に言うと、

「自粛緩和に向けて進めていきたい!」

「でもそれに伴って感染者も増えてきてる・・・」

「また緊急事態宣言はしたくないから気を付けてね!」

というものですかね。

ちなみに東京アラートの発動基準がこちら▼

  1. 1日あたりの新規感染者が20人未満
  2. 新規感染者に占める感染経路不明者が50%未満
  3. 週単位の感染者増加比が1未満

「東京アラート」とは、東京都が設ける独自の緩和目安を超えた場合、都民に警戒を呼びかけるために出されたもの。緊急事態宣言の解除を受け、小池都知事が5月15日に示した。 発令の基準には1.「1日あたりの新規感染者が20人未満」、2.「新規感染者に占める感染経路不明の割合が50%未満」、3.「週単位の感染者増加比が1未満」の3つがある。

引用元:Yahoo!ニュース

東京アラートに意味があるのか?というと、特段強制力をもたないため、個人の意識に委ねられる部分が大きいです。

ただ感染拡大の兆候を知らせるものとしては、早急にかつ分かりやすく都民に知らせることができるという役割を果たしているのではないでしょうか。



東京アラート発動で学校や自粛緩和のステップへの影響は?

東京アラートが発動されたことで、自粛緩和のステップや学校再開への影響がどうなるのか気になりますよね。

ただ東京アラート発動は都民へ感染拡大の兆候を示し、警戒を呼び掛けるにとどまるので、学校がふたたび休校になったり緊急宣言下のように新たに休業要請が出るものではありません。

6月に入り、自粛緩和のステップが1から2へ移行しましたが、2020年6月3日現在、ステップ2は現状維持のままとなっています。

自粛緩和のステップについてはこちらの画像を参照ください。

ただし東京アラートの発動が続けば、ふたたび休業要請や学校の休校など緊急事態宣言が再度行われる事態にもなりかねません。

もちろん経済活動の再開も生きていくうえで重要なことですので、気を緩めることなくやっていくしかないです。



東京アラートの意味や自粛緩和ステップへの影響まとめ

東京アラートは東京都が設けた独自の感染拡大の兆候を表す基準を超えた場合に発動されます。

学校や自粛緩和へのステップに対して即座に影響を及ぼすものではありませんが、感染拡大が続けば再び休業要請が出される事態にもなりかねません。

東京アラートが発動され、レインボーブリッジが赤く点灯しているときは、いつも以上に感染予防に努め、自分の命や大切な人の命を守る行動を心がけたいと思います。

コメント